もうすぐ


今年も夏は暑いです。
年末頃には、こんな暑くて、細かめな日々のことはすっかり忘れてしまうからくりだけど、今日もあちこち暑くて夏です。みょうがが美味しい。眺めるだけでもよし。


梅田 蔦屋書店さんでの企画展も、あと2日。
今日8/13.14 には公開制作を。
7月に続けて、満員御礼ありがとうございます。たくさんの応募くださったそうで、とても嬉しいです。
良い時間のために、色々整えて、大阪へ移動中。




少し振り返ってみる。









公開制作のとき。かわいいお客さま。


落語家の三遊亭とむさん。大阪で初のラジオレギュラー ヤングタウンの収録前に。
10月2日には、大規模な独演会が控えていてる!たのしみ。



鶴瓶さんもきてくださり。
近年の展覧会には、ほぼ全部観に来てくださっていて、本当にありがたいです。
初日に、蔦屋といえばTSUTAYA!とレンタルのお店に行ってくださったみたい....つぎの週には、さらりと突然観に来てくださり。いつも粋です。


エミリーも。何回も来てくれました。



! それから、今回はグッズが色々とできました。
完売していたiphoneケース、葉書セットなども再入荷しています。

iphoneケース by SKKY



葉書セット by SKKY





てぬぐい 蔦屋書店×植田志保×にじゆら




ストール by CASE

ハンカチ by CASE


グッズはあまりないので、この機会にぜひ!

※iphoneケースは、ご希望の機種に合わせて受注していただけます。
お名前、ご連絡先、お色、を明記のうえiTohen / SKKY > ito_hen@skky.info までメールを。

薄くて、つるつるして大理石かのようなおすましな表情の素材がいいです。
電気のピリピリもなくなります。
ケースに入れるの苦手だったけど、お気に入りに。^ ^










もうすぐ、おしまい。
もうすぐ聞こえてくるかな。

14日は19時頃まで在店しています。









本のなか

蔦屋書店 梅田にて
植田志保 展
「水が凍ってもクロールできる瞬色」
おかげさまではじまっています!

___________
http://real.tsite.jp/umeda/event/2016/06/-in-a-flower-scape.html



協賛:ピッツェリア スクニッツォ・ダ・シゲオ
協力:simple wood product
企画:SKKY / iTohen

蔦屋書店さんは7:00-23:00openです。
お仕事帰りに、休憩に、
梅田にお立ち寄りのさいにはぜひ!

今回は、わたしが選書させていただいたコーナーもあります。
新作の星座シリーズも。

商業施設で若手の作家がどのように・どこまでできるのか?
企画くださった方は、
その成り行きを愉しみにしてくださっているみたい。

わたしもたのしみ。
ワクワクとソワソワしながら、どこまでできるのか?
日々の制作の中、自問自答くりかえし。
直感を追いかけてその意味を理解する。
いままでの一歩一歩と、いまの一歩一歩はそのぜんぶ。
自分のしごとをするだけなんだけれど。
地球のまあるさに繋がるように。
真ん中の水面に浮かんだ波紋は、どんなふうに映るんだろう。
今回は色んな視点をレイヤーにしてみてみよう。
それから、ぜんぶ受け入れていきていきたいな。
頑張ろう。


展示場所のまえには、
ソファのところでゴロゴロできるところも。
まぶしく、心地よい本が並ぶ。
読み出すと落ち着く、潤っていく。
こんなにもたくさんの本があって、学べてわたしたちはしあわせだなぁ。


一旦、山に行きイベントの準備とパワーチャージ。


In a Flowerscapeのための。



揖保川。おそうめん、揖保川の糸の美味しい季節。
今年は、すりおろしたトマトと白ごまといただくのにハマっています。
酸味が暑さを爽やかに。



__

TeruhiroYanagihara/ あたらしいスタジオのオープニングに。

柳原さんが耳をすますと聞こえてくる物事の集合に、たくさんのひとが感動や美しさをもらえる素敵な夜。すごくすごく素晴らしかったです!
_終わりと始まりの間の1日




__



野久保恵美に髪の毛してもらい思いやりをあたまにのせてもらえたみたいです。気を貯めないようにと細めにカット、夏を越えられますように。ありがとうございます。繊細で、愛がある。

この夏もまっすぐにすすもう。






水が凍ってもクロールできる瞬色

いよいよ溶けそうに暑くなってきました。お元気ですか。
____
夏の真ん中、会期 7/12より 蔦屋書店 梅田にて展覧会があります。

■蔦屋書店梅田
日時:2016年7月12日(火曜)〜8月14日(日)
7:00〜23:00
※館内の<ガーデンラウンジ>と<文学>コーナーの近辺でご覧頂けます。
http://real.ts





DMも仕上がり、郵送中です。
デザインはSKKYさん。とってもいい感じにすてきです。
今回は、蔦屋書店さんからお話しが来たときから一緒に携わってもらっています。


いつも展覧会をするときには、ぼーっと、それからぐーんとその空間を感じに行きます。
そして、ぱっと直感したイメージする何かについて、自分の制作と空間との交わるバランスを探ります。
自分の制作は日々の一歩一歩の歩幅と、なにかその時々に課したことに挑戦します。
その交わるバランスを見極めて、ぐっと制作に入るまで、が長いんです。
ほとんど直感なので、あれですが、それは大切なところで、そこをきちんと潜れないと、あとで、ぐらぐら....。
影だったり、いまの世の中にひとつ何かを増やすべきこと、行き先のひかりについて考察して、交わること。
いつも、あたまとか色んなところから血がでそうなになってしまいます。笑

潜って、一旦息継ぎをして、さらに潜り泳ぎ出すかんじ。
やっと!泳げる期間のことを、「みゃっほい期間」と数年前から名付けて、そう呼んでいます。
展覧会まで、あと一週間。
みゃっほい期間も、大詰めです。
さいご、辿り着いたときには、「みゃっほーい!」と大きく叫ぶのがたのしみ。
がんばろう。


日々のなかでみた、こんな瞬間があればという心強さを 水に映して
ひとつひとつ結んで
眺めれれば。
様々に、どんな景色がみえるのだろう。それをみたいな。

7/23.24.25は、公開制作のIn a Flowerscapeもあります。
ご予約もはじまっています。
ぜひ、
お好きなお花と、大切にしたいことばや好きなことばを想像しながら、お越しください。
お会いできるのを、たのしみにしています。
http://real.tsite.jp/umeda/event/2016/06/-in-a-flower-scape.html



____
先日、エドツワキさんの個展の際に移転後初めて伺った
表参道 ROCKETさんのグループ展に出展しています。
modeがテーマの展覧会。
わたしは、「bosom」というタイトルの作品を。
会期は、7/1〜13まで。
・表参道ヒルズ同潤館3F

お近くにお立ち寄りの際には、ぜひ!

____


最近、大好きな家族がご近所にお引越し。
ほんとうに嬉しい。
束の間のでも、会えるとすごく元気が増す。
スイスと日本のハーフの彼女は、レレ。
聡明でやまとなでしこな雰囲気がする。
ほっぺたは落ちて、涙がでそうな程にかわいい、、、
いつも会うとご機嫌に遊んでくれます。
沢山癒されて、ラストスパート!です。








100×100







続・色葉牡丹


colissimo rizmとめぐり、ふたたびcolissimoへ 森


会期を大きく延長し、引き続き6/12(日)まで展示してくださっています。

http://colissimo.jp/journal/news/6504/









ぜひ、
よろしくお願いします!







できごと



6月はぺったん折り返し

森にいた春は、大きなうねりと細かい粒粒が羽のような質感で
同時に動いていたような大切な時間を過ごさせてもらいました



篠山 colissimoさん個展、rizmでの 小木戸利光さん 田中真由美さん(UMU)とのパフォーマンス、公開制作In a Flowerscapeも
おかげさまで安全に無事に終えることができました。
こちらには遅くなりましたが、ありがとうございました。

ほんとうにはるばる来てくださることが、何より有難く、とっても嬉しかった!(遠くは新潟より)(!)
です。心より、ありがとうございます。


公開制作 In a Flowerscape





これは去年から行っている
お好きなお花とことば(動詞など)をお聞きし、対話のなかでドローイングしていくというもの。
青山のスパイラルと新宿伊勢丹で2回づつ、どちらも街のど真ん中。ひとが行き交う中で。
今回は、山のなか。
場所は違えど、絵をひとつ介して
パカッと心を開いて、普段は決して溢れてこないようにしていること・ほんとうは悲しい何か、について打ち明けてくださる。涙と一緒に。
わたしも一緒に涙になってしまって、水になって、真っ直ぐにみる
ほんとうにこれは不思議なのだけど
そしたらグンと'明るい'イメージがみえてくる 話してくださることばと表情と景色と背景と仕草と、合わさって平たーく何かが伸びていく それのどれもが‘明るい’のはなぜなんだろう
それは当たり前のよう、ではあるのだけれど。
人のこころにひとが触れると
そのこころのなかの「意識」が明確になっていくよう。
そしたら、なんだか「大丈夫」とすごく思う
だから、「大丈夫!」とお伝えする
意識があれば、きっとなんだって大丈夫という 愛と勇気がぐんぐん伸びゆく
(アンパンマンもこんな気持ちだったのかな.........?)

ご家族・ご夫婦のかたは、忘れないようにしたいこと、気持ちを
包み隠さず話してくださる

ほんとうに毎回、不思議だけど、すごく確かな気持ちになる
色はすごいなぁ ほんとうに素晴らしくてますます大好き!となります


大切な気持ちをみせてくださった方
ありがとうございます





このあいだ、師匠や仲良しのお友達とお食事しながら話していて
職種も年齢も性別も様々だけれど
しょっちゅう会いたくて また気づいたら一生懸命集まるのは
心をパカーン!と開いたままでいれて
過ごせるというのは幸せなことで
パカーン!としていたら、「ほんとう」のことに出会えるね。 って
「ほんとう」のことがいい


ひとときでも、何かを通して
「ほんとう 」に耳をすませ合えるのは
ずっとつづいていける永遠の糧のよう

輪郭にのこらないできごとは、
ひとのなかで しっかり分かる
体感したできごとは、しっかりと在りました。

森のなか、街のなか、ひとのなかで
それがとっても感じることができました。



















匂いや言葉や風やしぶきや肌触りにも色があって、ゆらいでいる

もうそんな色たちのなかにずっと居つづけよう
無理をして離れようとするの方が不自然だ

色たちの声をいつもいつでも聞いていていいことにする
気になって気になっていくつものことができなくなってもいいことにする

色たちの長所が広がっていくほうがいい

色彩は夢みられ、想像される
増殖する無限の広がり



髪の毛をまた切った
きっと、大人になってからいちばん短い

首があることに意識が働く
姿勢も正す


正していたら、もうずうっとわたしは色たちのなかにいていいことにする






オフィシャルサイト

works 2015年分をすこぅしつづ更新しております




お花屋さんにお花を選びに行くみたいに
色と絵を連れて帰ってもらいたい
personal drawing
「 In a Flowerscape 」
Your favorite flower and verb in motif to draw the color of image ! *
about 30min per person.

もアップしました。

対話を通して、‘直接’ 響き合うこと。
ひきつづき 行なっていきたい○

http://shiho-ueda.com/







おおきな



大好きなおじいちゃん

色即是空 を、ことば以外の方法で染み込むように体感させてくれたのはおじいちゃん


せかいへのまなざしをそっとみやすくしてくれていたみたい

たましいそのものになったおじいちゃん さらに大好きだ


葉牡丹の花言葉は ‘包む愛’

わたしももうれつに包みにいくな






カレンダーについて







2016 カレンダーをお買い上げくださった方へ

大切な一年のお供にありがとうございます◎

2月のページ
2/21 (sun) のところを
2/20 と書いてしまいました。

間違えを申し訳ありません。

ご連絡先がわからず、こちらより訂正とお詫びをさせてください。
すみません。

これからこのようにならないよう更に確認をし、色々確かめつつ丁寧に生きていきたいと思います。

2/21がしっかり2/21としてあるように、
ひきつづき あたたかな2月でありますように。








<< | 2/42PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

profile

past exhibitions date

selected entries

categories

archives

links

search this site.

others

mobile

qrcode