できごと



6月はぺったん折り返し

森にいた春は、大きなうねりと細かい粒粒が羽のような質感で
同時に動いていたような大切な時間を過ごさせてもらいました



篠山 colissimoさん個展、rizmでの 小木戸利光さん 田中真由美さん(UMU)とのパフォーマンス、公開制作In a Flowerscapeも
おかげさまで安全に無事に終えることができました。
こちらには遅くなりましたが、ありがとうございました。

ほんとうにはるばる来てくださることが、何より有難く、とっても嬉しかった!(遠くは新潟より)(!)
です。心より、ありがとうございます。


公開制作 In a Flowerscape





これは去年から行っている
お好きなお花とことば(動詞など)をお聞きし、対話のなかでドローイングしていくというもの。
青山のスパイラルと新宿伊勢丹で2回づつ、どちらも街のど真ん中。ひとが行き交う中で。
今回は、山のなか。
場所は違えど、絵をひとつ介して
パカッと心を開いて、普段は決して溢れてこないようにしていること・ほんとうは悲しい何か、について打ち明けてくださる。涙と一緒に。
わたしも一緒に涙になってしまって、水になって、真っ直ぐにみる
ほんとうにこれは不思議なのだけど
そしたらグンと'明るい'イメージがみえてくる 話してくださることばと表情と景色と背景と仕草と、合わさって平たーく何かが伸びていく それのどれもが‘明るい’のはなぜなんだろう
それは当たり前のよう、ではあるのだけれど。
人のこころにひとが触れると
そのこころのなかの「意識」が明確になっていくよう。
そしたら、なんだか「大丈夫」とすごく思う
だから、「大丈夫!」とお伝えする
意識があれば、きっとなんだって大丈夫という 愛と勇気がぐんぐん伸びゆく
(アンパンマンもこんな気持ちだったのかな.........?)

ご家族・ご夫婦のかたは、忘れないようにしたいこと、気持ちを
包み隠さず話してくださる

ほんとうに毎回、不思議だけど、すごく確かな気持ちになる
色はすごいなぁ ほんとうに素晴らしくてますます大好き!となります


大切な気持ちをみせてくださった方
ありがとうございます





このあいだ、師匠や仲良しのお友達とお食事しながら話していて
職種も年齢も性別も様々だけれど
しょっちゅう会いたくて また気づいたら一生懸命集まるのは
心をパカーン!と開いたままでいれて
過ごせるというのは幸せなことで
パカーン!としていたら、「ほんとう」のことに出会えるね。 って
「ほんとう」のことがいい


ひとときでも、何かを通して
「ほんとう 」に耳をすませ合えるのは
ずっとつづいていける永遠の糧のよう

輪郭にのこらないできごとは、
ひとのなかで しっかり分かる
体感したできごとは、しっかりと在りました。

森のなか、街のなか、ひとのなかで
それがとっても感じることができました。














コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

profile

past exhibitions date

selected entries

categories

archives

links

search this site.

others

mobile

qrcode