匂いや言葉や風やしぶきや肌触りにも色があって、ゆらいでいる

もうそんな色たちのなかにずっと居つづけよう
無理をして離れようとするの方が不自然だ

色たちの声をいつもいつでも聞いていていいことにする
気になって気になっていくつものことができなくなってもいいことにする

色たちの長所が広がっていくほうがいい

色彩は夢みられ、想像される
増殖する無限の広がり



髪の毛をまた切った
きっと、大人になってからいちばん短い

首があることに意識が働く
姿勢も正す


正していたら、もうずうっとわたしは色たちのなかにいていいことにする






コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

profile

past exhibitions date

selected entries

categories

archives

links

search this site.

others

mobile

qrcode